スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
あれー?
- 2009/11/08(Sun) -
「学生達の休日」受かっちゃったよー?


何しよう←
てか抽選参加したの締め切り二分前だぜ 二分前だぜ
そういう駆け込み乗車は危険だから蹴落としなさいよもう。

ホント何しよう←
あれかなあ、おねえちゃんの図書館めぐりに付き合いつつおねえちゃんのスタンスを詳細に喋るというちょう自己満足ネタもありなのかなあ
それとも誰か巻き込むか 巻き込まれるか

ネコミミ猫尻尾くらいならつけますけどどうでしょう(何が

まーゆっくり考えるか。
紅葉の方は当初の予定通りスルーですよ。いよいよやる事ないもの…
こんなろくでなしに付き合わされるほうも可哀想だ
そういえば此間のチャットで東條の初恋の話ちょっと出たので少しだけ置いときますね

相手は小学四年のとき、家の事情で越してきた同級生
ちなみになぎさんにそっくり
おうちの関係でぼっちだった東條に声をかけてくれた子
(転校生だから、東條の家の事情とか知らなかったわけです)
ぼっちな時に声かけてもらっちゃうと人間惹かれるか引くかどっちかです
んで東條は惹かれたわけです。
紆余曲折あって仲良くなって、「一人じゃない」って思えるようになった頃
再び家の事情でその子が転校

再びの孤独
絶望と、悲しみに
その子とその思い出を最初から「無かった」事にしてしまう
だから東條の記憶にはその子のことも、初恋の思い出もないのです

最初から無かった、って方が、辛くないものね。

暫く後、バイトクビになってぼーっとしてた公園でなぎさんに出会うのだけども
(偶然か必然か、「初恋の子」とお別れした時と同じシチュエーションで)
どういうわけか、或いは記憶の奥底の「あの子」のせいか、
無視できずになぎさんを保護してしまうわけで今に至る。

半分くらいアドリブで書きました←
でもまあ、そんな感じで考えております。
いつかちゃんと文章にしたいぜー
この記事のURL | 活動記録 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<記事書きすぎですよね | メイン | ふおおおお>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://nightcalm340.blog99.fc2.com/tb.php/136-9e244f6e
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。